.............................................................................................................................................................................................

 

   その後、震洋隊は沖縄戦で米艦一隻を撃沈。

 

本土決戦に備えて、

                       青竹に爆弾挟む伏龍隊            

                                                                                                                                    が編成された。篠山市出身のH 氏らは、海岸に潜んで米艦を迎え撃つ態勢であった。 

    しかし、「鬼畜米英」は上陸するほどバカではなかった。勝利のため「敵の被害は最大限に、自国の犠牲は最小限に…」の効率合理主義の帝国主義であった。

   昭和20年8月、連日の空襲によって、もう肝心の鉄砲の弾も弾薬も、それを生産する工場は丸焼け、工業地帯はことごとく焼け野原になっていた。

 

      頼みの神風も吹かず、日本の帝国主義は、科学の帝国主義に歯が立たないことを実証して敗戦。

    (篠山市出身   伏龍隊員H 氏談)

 

 

…… …… …… ……       

 

 いっせいにきしむ木の椅子広島忌         土肥 幸弘

裏返しに乾くGパン敗戦日        土肥 幸弘

 

…… …… …… ……           

 

...............................................................

敗戦日デカンショ囃しの白昼夢 

 狂う友餓鬼自決の隊長

 

 7/29    篠山市原子力災害対策委員会

原爆忌 !!!  私らとっとと逃げられる?  もっと見る》

敵基地攻撃の検討必要   稲田防衛相 

追悼

                                           2016.8             

 

 

軍刀の血のような錆 蚊遣り香    勝子

   

 

       インパール  作戦ことごと流れたり

 

 

雨季奔流  略奪の糧 牛流る

 

補給ないコヒマの決戦 常緑谷

 

前線の死臭吹き上ぐ炎暑谷

 

吹き上がる前線死臭  熱帯風  

 

真っ暗闇「世話になったの…」風死せる

 

腹わたの出た兵「お先…」と逝く炎暑

 

目から先食べていかれるウジの兵

 

石投反撃 今夜焼肉 狂喜の兵

 

迎え火や 仏が兵を呼ぶコヒマ谷

 

おとといの勇士の兜 頭蓋骨

 

汗服の隙より勇士のあばら骨

 

前進は無理 顔で訴え突撃す

 

支援要請  すでに国家の力尽く

 

信管を抜けども自爆せぬ焦り

 

塹壕の囮へ 響焔戦車砲(英軍)

 

5センチにへしゃぐ戦友  コヒマ照り

 

鷹と蟻 勇士二日で白い骨

 

~京都 陸軍第15師団~派遣

 

コヒマ(インド北東部)-------ミャンマー間は「白骨街道」と化した、といわれる。

 

 

       2016.8    …合掌…             石田宇則

 

 

  「松代大本営」地下壕 =地質調査=                 

 

昭和19年(1944年)5~7月 

   

第二次世界大戦とアメリカ帝国主義の功罪

                 ---東京空襲、大阪空襲…ー拠点空爆

                          広島原爆、長崎原爆…非人道核兵器も辞さない=「鬼畜」

                         ※1     ABCC(米軍の原爆被害調査専門機関)  は調査のみ。                                                    一切治療せず。                                                                     

 

                         ※2   マッカーサー元帥の命令  「日本の大学、医療機関、医師は、原爆の治療はしてもよいが、一切の調査研究をしてはならない。なぜなら、原爆は軍事機密だから」として、大戦中、日本軍が中国で行った化学・毒ガス、細菌兵器のデーターを全部持ち帰った。(=肥田俊太郎元広島陸軍病院医師の講演)

放射能 汚染土 再利用方針 ⇒

 

「管理に170年」…

安全判断先送り     

環境省非公開会合     

 毎日新聞 2016年6月27日より      

結局 放射能汚染のバラまき  

許さないーーー《もっと見る》

 Now  構築中   



 

戦争に加担するのは

                         嫌です!!

 《もっと見る》

 

  酒井勝彦  (古市 宗玄寺) HPへ

     

 

原稿をお寄せください  ↑

 敗戦から70年・・・戦争を放棄した憲法九条が、日本政府に平和路線に歩ませ、外国軍を一人も殺さず、殺されず、世界の人々から信頼されてきました。ところが、最近は、ISテロ・ODA軍事援助、武器輸出解禁、海洋・島の領有権をめぐる戦闘機や戦艦の配備、また基地の新設・強化、ステルス戦闘機開発、秘密保護法、解釈改憲、戦時法案など、風雲急なる情勢です。

 しかも、アメリカからは日本に、金だけでなく汗と血を求められて久しく、アフガンやイラク戦争の「後方支援」に出兵、今国会ではついに「集団的自衛権」を容認させ、ついに 自衛隊を 「存立危機事態」「重要影響事態」の最前線へ猛進させる法案が「夏まで」に成立を約束され、憲法の形骸化と軍国化が一気に推し進められています。また軍事同盟の強化とミサイル・核の開発と備蓄競争も桎梏となっています。殺戮と自然破壊の戦争は、生命・生存の原理を根底からを否定するものです。

  一方、戦没者の遺族は、平和を願い続けてきましたが、戦争体験の風化は著しく、戦争の惨忍性と愚かさを知らない世代が増大-し、ポツダム宣言すら「つまびらかに読んでいない」つまり政治的資質の貧困な人が、政治を牛耳り、「抑止力」「集団的自衛権」論等を蔓延させています。

  今こそ20世紀の野蛮と惨酷な戦争に学び、平和を語りあい、語り継ぎましょう。三たび悲惨な轍を歩まない舵取りがなされますように。

 

  平和と生存権が何よりも大切にされる篠山⇒日本⇒世界になりますように・・・ (ii)


東京都知事 舛添氏   政治資金の私的流用等で辞職  6・15/2016      ---     傲慢・貪欲・ セコ・ケチ詭弁師」 ついに はじける